スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺かふぇ。

1123.jpg


寺かふぇ@由比 地持院
11月23日 (火・祝)
10:00~15:00

年内最後の秋の寺かふぇは、由比の地持院です。
清水在住の画家、杉山侃子(なおこ)氏が
構想に三年、制作に四年を費やした四十四面の襖絵や、
住職が設計した枯山水庭園は一見の価値あり。

芸術の秋にふさわしい、とにかく美しいお寺
心安らぐひとときが過ごしてもらえればと思います。

当日は自由に写経をしていただくこともできます。

町歩きが楽しい由比に、秋のお散歩がてらお茶しにきませんか?
おいしいお茶をご用意してお待ちしています

※駐車場は20台分ございます。
由比駅から歩ける距離です。


由比 地持院
静岡県静岡市清水区由比町屋原183-3
054-375-2768

※寺かふぇブログより引用しました。


一昨日の新聞でも掲載されていたので、今回も
沢山のお客さんがみえるだろうな。
この思いを立ち上げた二人はすごい!
私もお寺とお茶は大好きです。
そして、一杯のお茶を出す事の癒しに
改めて気づかされました。
そして、沢山の人が応援してくれるのも
彼女達の思いや魅力に引かれているのだと思う。

お寺に行くとなぜか頭がすっきりします。
滅入ってるときに行くとなんだろう?
マイナスの思考が消えたりする不思議な場所。
いろんな情報が飛び交う現代に暮らしていると
いろんな事に惑わされて自分がよくわからなく
なることがある。
感受性が強い人だとなおさらです。

そんな時に、寺かふぇの思いに触れ、
日本人らしさ、静岡人らしさ、そして
自分の軸を感じる時間を持つ事。
お茶はただの飲み物ではなく淹れる事の
大切さや思いを伝えるもの....
という事を再認識させてくれる。

私も助っ人で参加させてもらって
すごい幸せです。
寺かふぇのお二人はもちろんだけど、
助っ人の人たちもみんな穏やかな感じで、
でも内に秘めているものは強い人達。
初めて会ったときでも、初対面の印象はなく
みんなすぐにうちとけました。
波長みたいのが合っているのでしょう。
なによりも、ボランティア...
お金じゃない思いで動かされ、
人の為に何かをしている事の
喜びや幸せを感じるのだと思う。

今年も残すところ1ヶ月。
12月に入ると師走でバタバタと忙しくなる前に
ちょっとだけ自分に時間のご褒美をあげましょう。

是非是非遊びに来てください。



非公開コメント

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ゆらら

  • Author:ゆらら
  • 静岡で暮らすフレンチブルのゆららです
    2003年6月17日生の女の子です*
いくつになったの

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。